学研の学童保育

2022.09.21

【夏休みプログラム】学研科学実験教室

ココファン・キッズ八王子の9つ目の夏休みプログラムは、「学研科学実験教室」でした。
子ども達は、実験が大好きです。
普段生活している中にも科学は身近にたくさんあります。
身近な出来事を楽しい実験を通して科学的な側面から見てみると、
新たな発見があり、より科学が好きになるきっかけにもなります。
ドキドキ・ワクワクの体験プログラムです。
今回のテーマはグライダーです。
Gakken科学キットを使用しました。

まずは、キットを開封。
中には胴体や羽が入っています。
「早く作りたい!飛行機だよね?」とワクワクが止まらない子ども達です。
まずは、自由に組み立ててもらいます。
グライダーとは、動力を使わない空を舞う航空機のことを指します。
キットの魚グライダーで、おもりや翼の位置を変えて面白い飛び飛ばし方をする実験をしました。
遠くまで飛ばすにはグライダーにおもりがしっかりついているか、主翼や尾翼が曲がっていないかなどが大切なポイントになります。
力の入れ具合や角度によって飛び具合も違うので、いろいろ試して遠くまで飛ばせるようになりました。

続いては、ちょっと難しいミッションです。
主翼を右にずらすとどんな飛び方をするでしょうか?
答えは右に曲がるでした。
主翼を右にずらすと左のほうが空気をたくさん受けるので、左側があがり、胴体が右に傾きます。
それによって右に曲がります!
「なんで~!?」と疑問の声が。実際に飛ばしてみたら本当だ!
と目をキラキラさせていました。
次は、おもりを外したらどのように飛ぶかという実験です。
「そのまま落ちると思う。」との声が多かったですが、
答えは、回転して落ちるでした。
おもりを外すと前が軽くなるので、グライダーは上に向かって飛びます。
しかしそのあとはバランスを崩して下に落下するからなんですね。
わからないことも実際に手に取って実験してみると理解につながりますね。
実験後はしっかりとテキストに記入して、アウトプットを行います。
ココファン・キッズ八王子では、科学実験教室を行っています。
ご興味のある方はお問い合わせください。
プログラムのみの参加もできますのでお待ちしております。

カテゴリから選ぶ

年から選ぶ